1. HOME
  2. 事業活動
  3. メンバー
  4. 卓越した専門性を発揮するVitaarsの人々

メンバー

卓越した専門性

メンバー

卓越した専門性を発揮するVitaarsの人々

現場を知っているからこそ、支えたい – それが私たちの想い
Vitaarsでは、集中治療科医、集中ケア認定看護師で信頼の厚い医療者が遠隔で相談に応えます

医師51名・看護師54名が登録(2023年1月現在)

さらに、Vitaarsには、医療従事者だけではなく医療に関わる業界企業や新規事業立ち上げ・経営に関して、深い経験や知識を持つ者など、多岐に渡る専門性を持つメンバーが、「世界中の人々に、最高の医療をAnywhere, we care.」を私たちのビジョン=使命として共有し、日々、共に働いています。

私たちは、医療に関わりながら新規事業・イノベーションを追求する企業として、高い倫理観と専門性の習得はもちろんのこと、新しい分野への好奇心、これまでにないことへの挑戦を恐れない姿勢を持つことが重要だと考えています。

Vitaarsの由来にもなったヒポクラテスのことばArs longa, vita brevis.「技術習得には時間がかかり、決して時間を無駄にしてはならない」という信念に重ね、私たちは一人ひとりが知識や技術の研鑽に努力し、医療のさらなる発展へと貢献できるようなシステム・サービスの提供に邁進します。

さらに、Vitaarsで働くすべてのメンバーが、それぞれが持っている多様な個性、好奇心を大切にし、互いに尊重し、受け入れ、活かすことで、一人ひとりが成長し、能力を最大限発揮できる環境づくりを目指しています。

それが企業の成長につながると確信しています。

経営メンバー

中西 智之
代表取締役社長
医師 / 博士(医学)

心臓血管外科、麻酔科、救急・集中治療など豊富な経験を経て、全国的な集中治療室・専門医不足からくる問題解決のため起業。

小田 晃司
取締役副社長
事業推進本部長

元神戸市職員。総務・経理の管理部門、企業誘致など事業部門の経験を経て2022年入社。

遠山 文規
取締役
薬事品質保証本部長/ 医療DX室長

米国PMP保有。テレフレックスメディカルジャパン株式会社などで薬事や開発を担当し、2020年入社。

岡田 理英子
 取締役
CFO / 管理本部長

三井住友信託銀行株式会社、有限責任監査法人トーマツ、技術系ベンチャーなどを経て、2020年入社。

小倉 大
執行役員
経営企画室長

株式会社コロプラ、株式会社ドン・キホーテ、株式会社ケイブなどで法務や経営企画に従事し、2018年入社。

森口 真吾
執行役員 /
CMO(Chief Medical Officer) 

集中ケア認定看護師。京都大学医学部附属病院、京都医療センター、滋賀県立総合病院などを経て、2019年入社。

菅原 栄司
執行役員
営業統括部長

株式会社メディコン、株式会社メディカロイドで営業部長を務め、2021年入社。

岡﨑 智紀
研究開発部長

セイコーエプソン株式会社、シスメックス株式会社などで研究開発に従事し、2021年入社。

本田 隼人
 国内事業担当部長

株式会社メディコンで西日本営業部長を務め、2021年入社。

仁井 幸江
広報・社長室長

P&Gジャパン合同会社、日本イーライリリー株式会社で広報・渉外業務に従事し、2022年入社。

堺 政人
常勤監査役

株式会社三井住友銀行、フューチャー・ベンチャー・キャピタル株式会社、株式会社プロネクサスを経て、2023年入社。

 

メディカルスタッフ

清水 克彦
看護師

2004年看護師免許取得。救命救急センター、救急外来での経験を経て2011年救急看護認定看護師。2021年入社。

行 みなみ
看護師

医療事務、診療補助を経て2014年看護師免許取得。手術室、一般病棟、医療療養病棟にて勤務。2021年入社。

市村 健二
看護師

2001年看護師免許取得。日本医科大学付属病院などの救命救急センター、ICUで勤務。2022年入社。

尾嵜 志穂
看護師

2009年看護師免許取得。京都医療センターの救命救急センター、ICUで勤務。2022年入社。

大谷 直哉
臨床工学技士

総合病院、医療機器メーカを経て、当社では主にシステムの現場作業やサポート対応、医療機器相談を担当。2021年入社。

上川 智彦
看護師

1998年看護師免許取得。救急看護認定看護師、急性・重症患者看護専門看護師。救命救急センター、ICU等で勤務。2022年入社。

アドバイザー

大嶽 浩司
医師

日本、米、豪3カ国にて20年の臨床経験を有する麻酔と集中治療の専門医。日本心臓血管麻酔学会理事。昭和大学病院副院長在任中、アジア初の遠隔ICUシステムの導入を実現。現在、4病院100病床を繋ぎ稼働中。Stanford大学Master of Clinical Informatics Management (MCIM)にて、Digital Health, Machine Learningによる診療アウトカム・病院経営改善について研究。
マッキンゼー・アンド・カンパニー在籍時、製薬会社の新薬マーケティング戦略立案、PMDAの新薬審査プロセス標準化などに従事。東京大学医学部、Chicago大学MBA、Stanford大学MCIM卒業。

内山 良
医師

A.T. Still University医学部卒業後、Oregon Health and Science UniversityLegacy Emanuel Medical Centerでの勤務を経て、現在は米国ハワイ州Aloha Critical Care Associatesにて集中治療専門医として勤務。オアフ島での臨床を主に行う傍ら、カウアイ島での遠隔ICUにも携わる。Washington State University School of Medicine臨床准教授、University of Hawaii内科臨床助教授。 後進の指導にも携わるなど教育面にも力を入れている。2019年より当社顧問として海外のICUチームと遠隔ICUやカンファレンスに参加。

鴻池 善彦
医師

山口大学医学部医学科卒業。久留米大学病院小児科助教、東京都立小児総合医療センター 集中治療科、長野県立こども病院麻酔科、兵庫県立こども病院小児集中治療科にて勤務。2020年にVitaars入社。チーフメディカルオフィサー(CMO)を務め、JICA COVID-19流行下における遠隔技術を活用した集中治療能力強化プロジェクトにも参画。2024年に「スマイルクリニック」を開院。医療的ケアを必要とする小児向けの訪問診療を行っている。日本集中治療医学会認定 集中治療科専門医。日本小児科学会認定 小児科専門医。

中川 悠樹
医師

京都大学医学部附属病院、三井記念病院、横浜労災病院で勤務。2021年から当社CEO補佐およびJICA COVID-19流行下における遠隔技術を活用した集中治療能力強化プロジェクト専門家として参画。2022NPO AYA設立。
現在は他にも、エムスリー株式会社Patient Support事業本部門アドバイザー、ふじの町クリニック・ 健診センター非常勤医師、細谷透析クリニック非常勤医師、産業医(計10社担当)、IHLヘルスケアリーダーシップ研究会運営メンバー、AYA代表を務める。

鈴木 茂利雄
医師

社会医療法人河北総合病院、東京都立多摩総合医療センター救命救急センター、救急科専門医・集中治療専門医取得後、河北総合病院救急集中治療部での勤務と平行して血液浄化部門にも所属。
COVID-19パンデミック下では重症ユニット長を務めた。沖縄県でのCOVID-19重症患者支援にも参画。その他、医療法人鈴木泌尿器科理事、DELE(国際スペイン語資格)B2保持。
2021年から当社のJICAプロジェクトにラテンアメリカ担当として参画。

羽川 直宏
医師

福井県立病院で初期研修後、救急医(救急科専門医)として大阪府内の救命救急センターや2次救急 病院で救急医療に従事。サブスペシャリティは画像診断。2015年より大学病院 医療の質・安全管理 部/大学院 医療安全管理学講座で業務改善や組織改善の理論と実践を修得。2020年より救急医を続けながら、株式会社メディヴァへ。現在、同社の医師兼コンサルタントとして、複数の病院の救急 部門運営支援や救急医療の戦略策定・実行支援等を行っている。
2021年より当社シフトドクター、2022年よりコンサルタントとなる。

塚原 大輔
看護師

2000年看護師資格を取得。集中ケア認定看護師。青梅市立総合病院、杏林大学医学部付属病院にて勤務。2012年大学院修士課程(看護学)修了後は、日本看護協会看護研修学校集中ケア学科教員として認定看護師教育に従事。同時に認定看護師制度、看護師の特定行為研修の普及にも尽力する。
その後、順天堂大学医学部附属練馬病院を経て、2020年当社に特定行為研修担当として参画。2021年には株式会社キュアメドを設立し、特定行為研修機関の支援を行っている。

社外役員

ニック・バルア

イェール大学宇宙物理学卒業後、カリフォルニア工科大学理論物理学で修士号、ハートフォードシャー大学にて博士号を取得する。NASA(宇宙物理学者)、Microsoft Corporation(ソフトウェア開発)を経て、神戸情報大学院大学 事業開発室室長(現職)およびスウィフト・エックスアイ株式 会社最高執行責任者 COO(現職)。
2019年から当社の社外取締役となる。滋賀医科大学客員教授、神戸学院大学防災社会科客員教授。

伊藤 毅

東京工業大学大学院 理工学研究科化学工学専攻修了。2003年4月ジャフコ入社。2008年 産学連携投資グループ責任者。シードステージの大学発技術シーズの事業化支援・投資活動をリード。
2014年8月にBeyond Next Ventures株式会社を創業し、代表取締役社長に就任。現在、出資先企業 の複数の社外取締役および名古屋大学客員准教授・広島大学客員教授を兼務。これまで内閣府・各省庁のスタートアップ関連委員メンバーや審査員等を歴任。
2019年から当社の社外取締役となる。

中尾 慎太郎

名古屋工業大学工学部卒業後、1998年株式会社パソナに入社。2010年株式会社パソナドゥタンク代表取締役社長、2013年株式会社パソナ取締役、2015年同社取締役常務執行役員、2016年株式会社パソナグループ取締役。2017年同社常務執行役員(現任)を経て、2018年より株式会社パソナ代表取締役社長。
2021年から当社の社外取締役となる。

堀口 彰

1966年小林製薬株式会社入社。取締役、医療機器事業本部長を経て取締役副社長へ。2015年退職。在籍中は、出向先の現株式会社メディコンで代表取締役社長、小林メディカル株式会社・取締役、神戸市医療産業都市計画・アドバイザー、(一社)医工ものづくりコモンズ理事。
退職後も、(公社)神戸国際医療交流財団・理事、株式会社リモハブ・経営アドバイザー、Beyond Next Ventures・医療機器アドバイザー、コネクト株式会社・社外監査役、2020年から当社の社外監査役となる。

中井 崇

東京大学法学部を卒業後、平成15年10月に大阪弁護士会に登録。現在、中之島中央法律事務所のパートナー弁護士。 会社、地方自治体、学校法人、医療法人等、様々な業種のクライアントからの相談業務、訴訟対応等を行っている。主な取り扱い分野は使用者側の労働事件。2022年12月から当社の社外監査役となる。他にも財団の理事、監事や地方自治体の委員に就任している。